月次顧問サービス

月次顧問サービスは、毎月決算を行うサービスです。原則、毎月訪問させていただき、過去の月次報告のみならず、課題の抽出、さらには解決策のご提案をさせていただきます。
1ヶ月単位の数字を把握することで、タイムリーな経営判断を行うことができます。

月次決算の目的・必要性

現状の把握

会社の現状が計数的に把握でき、年間利益計画の達成度、進捗度を測ることが可能となります。

さらには、部門管理・製品別管理を行うことで、採算部門と不採算部門を把握することができ、その都度軌道修正が可能となります。

予算管理

予算と実績の差異を分析することで、経営課題の発見が可能となります。例えば原価率の上昇、労働分配率の上昇など、毎月の管理をしていればすぐに改善策を講じることが出来ます。

年1回のみの決算だけでは、発見が遅れてしまい大きなダメージになることも考えられます。

また、「予算と実績の比較」だけでなく、「前月と当月の比較」や「前年同月と当月の比較」など、いろいろな側面からの分析が可能となり、経営指針の1つの武器になり得ます。

節税対策

毎月の決算をしっかり行うことで、決算着地を予測することが可能になります。ソフトランディングするための節税対策をするためには、早めの予算把握が必要不可欠です。決算後では限られた節税対策しかなく、大幅な利益圧縮は図れません。

早め早めの対策をすることで、資金的な圧迫も少なく、計画的な着地が可能となります。

資金対策

毎月の予算管理をすることで、資金計画も立てやすくなります。予算管理の数字を、資金管理に移行するだけで、資金計画表が作成可能となります。

何月に、どのくらいの資金が必要かを早期に把握することで、金融機関との交渉も早めに行うことができ、交渉が有利に運ぶこともあります。

 

⇒料金プランはこちら

 

月次決算の早期化テクニック

会計ソフトの活用

  • 補助科目(取引先名、商品名等)を設定
  • 発生頻度の高い仕訳は、仕訳辞書に登録
  • よく使う摘要は、摘要登録

日常業務の工夫

  • 領収書や請求書等は、日付順に整理しファイル化
  • 領収書や請求書等には、伝票番号を記入(後日の検索に役立ちます)
  • 預金通帳に鉛筆で取引内容をメモ
  • 支払済みの請求書には、支払済印を押印
  • 会計入力済みの請求書には、入力済印を押印

売上計上

  • 販売管理ソフトを活用
  • 販売管理ソフトがない場合は、会計ソフトで補助科目を設定
  • 得意先からの検収書で売上計上(月次決算時)
  • 単価未確定の売上については、仮単価で概算計上(月次決算時)

仕入・経費計上

  • 販売管理ソフトを活用
  • 販売管理ソフトがない場合は、会計ソフトで補助科目を設定
  • 請求書到着時点ではなく、納品書到着時点で仕入計上(月次決算時)

月次決算仕訳

  • 在庫は、実地棚卸をせず、帳簿棚卸で計上(月次決算時)
  • 月割減価償却費を計上
  • 月割賞与引当金の計上
  • 月割退職給付引当金の計上
  • 月割固定資産税の計上
  • 月割法人税等の計上

 

その他のページ

 

サービス案内
 
料金プラン
 
代表者ごあいさつ
         
   

⇒詳しいサービス内容はこちら

 

⇒詳しい料金プランはこちら

 

⇒代表者ごあいさつはこちら

月次顧問サービスのことなら、
お気軽にご相談ください
048-762-8412

受付時間 :

平日9:00〜21:00

土日祝9:00〜18:00

 

フォームからのご相談はこちら
▲このページのトップに戻る